スイス国立銀行(中銀)のジョルダン総裁は、同国でデフ…

公開日: : 今日のFX経済指標 , ,

mt4-chart-image

2016/01/22のワールドニュース

  • [チューリヒ 21日 ロイター] – スイス国立銀行(中銀)のジョルダン総裁は、同国でデフレスパイラルの脅威はほとんど見られないとの認識を示した。スイス放送協会(SRF)とのインタビューで述べた。
  • [ニューヨーク 21日 ロイター] – 21日午後の取引で、原油先物価格が1ドル上昇し、12年ぶりの安値から戻している。1日としては年初来の大幅高となる見通し。
  • [ニューヨーク 21日 ロイター] – 米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)が発表した週間石油在庫統計(1月15日終了週)によると、原油とガソリン在庫が予想以上に増加し、ともに1990年以来の高水準となった。
  • [ダボス 21日 ロイター] – 世界銀行のチーフエコノミスト、カウシィク・バス氏は、商品(コモディティ)価格が安定すれば、世界経済の成長は改善するとの見方を示した。ロイター・グローバル・マーケッツ・フォーラムで述べた。
  • [カイロ 21日 ロイター] – 中国とエジプトは21日、21件の融資契約を締結する見通しだ。エジプト中銀への10億ドルの融資や、エジプト国立銀行への7億ドルの融資が含まれ、インフラ投資などに充当される。
  • [クアラルンプール 21日 ロイター] – マレーシア中央銀行は、政策金利を予想どおり3.25%に据え置いた。一方で流動性管理手段である法定準備率(SRR)は4.0%から3.5%に引き下げた。2月1日から実施する。
  • [ハノイ 21日 ロイター] – 20日に開会したベトナム共産党大会では、会期中に新指導部の選出が予定されているが、経済開放路線で定評のあるズン首相が指導部である中央委員会のメンバー候補からはずされているもようだ。複数の党関係者がロイターに明らかにした。
  • [台北 21日 ロイター] – 16日の台湾総統選挙で圧勝した民主進歩党(民進党)の蔡英文主席のフェイスブックに、明らかに中国からと思われる投稿が殺到した。書き込みは、台湾の独立に反対する内容。
  • [モスクワ 21日 ロイター] – 21日の外国為替市場でルーブルが初めて1ドル=84ルーブル台をつけ、前日に続いて過去最安値を更新した。原油相場が下げ止まらないことや、国内の金融市場で混乱が拡大していることが背景にある。
  • [ベルリン 20日 ロイター] – ドイツのヘンドリクス環境・建設相は20日、難民や移民の記録的な流入で急速に悪化している住宅不足に対応するには、公共住宅支出を倍増させる必要があると述べた。


[powerd by ロイター]

スポンサーリンク

 

2016/01/22の主な経済指標

  • 【1月22日17:30】PMI製造業 速報値(1月)[前回値:53.2]
  • 【1月22日18:00】PMI製造業 速報値(1月)[前回値:53.2]
  • 【1月22日18:30】小売売上高 前月比(除自動車燃料)(12月)[前回値:1.7%]
  • 【1月22日18:30】小売売上高 前年比(除自動車燃料)(12月)[前回値:3.9%]
  • 【1月22日22:30】消費者物価指数 前月比(12月)[前回値:-0.1%]
  • 【1月22日22:30】消費者物価指数 前年比(12月)[前回値:1.4%]
  • 【1月22日22:30】小売売上高 前月比(11月)[前回値:0.1%]
  • 【1月22日22:30】小売売上高 前月比(除自動車)(11月)[前回値:0.0%]
  • 【1月22日00:00】中古住宅販売件数(12月)[前回値:476万件]
  • 【1月22日00:00】景気先行指標総合指数(12月)[前回値:0.4%]


[powerd by M2J]

2016/01/22の主な為替ニュース

  •  NY為替市場ではリスク回避が沈静化に向かった。原油価格の反発や米株高を背景に円買いが巻き戻された。ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁が3月の追加緩和を匂わせたこともムード改善に一役買った。ユーロドルは1.0776ドルまで下落した一方で、加ドルを中心に資源国通貨に買い戻しが入った。米株価指数の上げ幅は心もとないが、最近の嫌な流れは一服しつつある。ドル円は117.82円、加ドル円は82.70円、豪ドル円は82.64円、NZドル円は77.24円まで円安推移。豪ドル/ドルは0.7018ドル、NZドル/ドルは0.6559ドル、ドル/加ドルは1.4228加ドルまで資源国通貨が買い戻された。
     ドラギECB総裁の追加緩和示唆を受けて欧米の株価と長期債利回りが上昇するなど、リスク回避ムードが緩んだ。同総裁は「3月の理事会で金融政策スタンスを見直す可能性がある」と明言した。2016年の金融市場は最悪の幕開けとなり、当局者や市場関係者は世界の金融政策見通しに関して再考を迫られている。来週は日米で金融政策イベントが控えている。米連邦準備理事会(FRB)は昨年12月にほぼ10年ぶりの利上げに踏み切り、今年は4回の利上げペースを想定していることを明らかにした。しかし、世界経済の減速が米景気の健全性に与える影響も懸念され、最近の米経済指標は追加利上げを後押しする内容とは言えず、市場では3月利上げ観測も後退している。来週の米公開市場委員会(FOMC)で、FRBがハト派寄りのスタンスを示せば、市場のセンチメント改善に一定の効果はありそうだが、果たしてどうか。東京タイムは引き続き日中株価や原油価格の動向を眺めながらの動きが見込まれる。
  • 1月22日の主な指標スケジュール
    122 予想 前回
    16:45 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、発言 NA NA
    17:00 (仏)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 1月 51.3 51.4
    17:00 (仏)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 1月 50.1 49.8
    17:30 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 1月 53.0 53.2
    17:30 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 1月 55.5 56.0
    18:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 1月 53.0 53.2
    18:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 1月 54.2 54.2
    18:30 (英)小売売上高指数 前月比 12月 -0.3% 1.7%
    22:30 (カ)小売売上高 前月比 11月 0.2% 0.1%
    22:30 (カ)小売売上高(除自動車) 前月比 11月 0.4% 0.0%
    22:30 (カ)消費者物価指数(CPI) 前月比 12月 -0.4% -0.1%
    22:30 (カ)消費者物価指数(CPI) 前年同月比 12月 1.7% 1.4%
    22:30 (カ)消費者物価指数(CPIコア) 前月比 12月 -0.3% -0.3%
    22:30 (カ)消費者物価指数(CPIコア) 前年同月比 12月 2.0% 2.0%
    24:00 (米)中古住宅販売件数 年率換算件数 12月 520万件 476万件
    24:00 (米)中古住宅販売件数 前月比 12月 9.2% -10.5%
    24:00 (米)景気先行指標総合指数 前月比 12月 -0.2% 0.4%
  •  NY為替市場ではリスク回避が沈静化に向かった。原油価格の反発や米株高を背景に円買いが巻き戻された。ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁が3月の追加緩和を匂わせたこともムード改善に一役買った。加ドルを中心に資源国通貨に買い戻しが入っている。米株価指数の上げ幅は心もとないが、最近の嫌な流れは一服しつつある。
     ドル円は117.82円、加ドル円は82.70円、豪ドル円は82.64円、NZドル円は77.24円まで円安推移。豪ドル/ドルは0.7018ドル、NZドル/ドルは0.6559ドル、ドル/加ドルは1.4228加ドルまで資源国通貨が買い戻された。売られに売られてきた加ドルの反転には勢いがある。
     ポンドドルは1.4080ドルまで下げた後、1.4249ドルまで上昇に転じた。ポンド円は167.73円まで高値を更新。株高・原油高でポンドが買い戻されるなか、ウィール英金融政策委員会(MPC)委員の発言から利上げ支持が連想された。
     ユーロドルは1.0776ドルまで下落。政策金利を据え置いた欧州中央銀行(ECB)理事会後の会見で、ドラギECB総裁は3月の追加緩和を示唆した。少なくとも中銀預金金利が再び切り下げられると想定されている。量的緩和(QE)の強化にどこまで踏み込めるかが焦点だが、昨年末の一手が期待外れだったこともあり、NY午後に入るとユーロ安はほぼ解消された。ユーロ円は126.17円まで下げた後、128.19円まで上げに転じた。
     7時現在、ドル円は117.70円、ユーロドルは1.0874ドル、ユーロ円は127.99円で推移。
  • 特段目新しい判断材料は見当たらないものの、序盤に強まったユーロ売りが後退し買い戻しの流れが強まる展開。ユーロドルは一時1.09ちょうど付近まで持ち直し、ユーロ円が128円07銭付近まで上値を拡大、午前の下げ幅を埋めた。またポンドも対ドルで1.4248付近まで、対円で167円43銭付近まで上伸するなど堅調。一方ドル円は、117円77銭付近まで本日高値を更新後、ユーロドルの上昇に押され117円26銭付近まで反落した。5時59分現在、ドル円117.489-499、ユーロ円127.933-953、ユーロドル1.08892-900で推移している。
  •  ユーロドルは1.0900ドル付近まで戻し、ドラギECB総裁の会見後の下げを消した。ユーロ円は128.10円まで上昇に転じている。
  •  ロンドンフィックスにかけては、リスク回避相場が沈静化に向かった。原油価格の反発や米株高を背景に円買いが巻き戻されている。ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁が3月の追加緩和を匂わせたこともムード改善に一役買った。加ドルを中心に資源国通貨に買い戻しが入っており、最近の嫌な流れが一服する兆しがある。
     ドル円は117.76円、加ドル円は82.52円、豪ドル円は82.07円、NZドル円は76.28円まで円安推移。豪ドル/ドルは0.6978ドル、NZドル/ドルは0.6486ドル、ドル/加ドルは1.4262加ドルまで資源国通貨が買い戻された。売られに売られてきた加ドルの反転には勢いがある。
     ポンドドルは1.4080ドルまで下げた後、1.41ドル後半へ下げ幅を消した。ポンド円は166.97円まで高値を更新。ウィール英金融政策委員会(MPC)委員の発言から利上げ支持が連想された。株高・原油高もポンド買い戻しを支援。
     ユーロドルは1.0776ドルまで下落。政策金利を据え置いた欧州中央銀行(ECB)理事会後の会見で、ドラギECB総裁が3月の追加緩和を示唆した。少なくとも中銀預金金利が再び切り下げられると想定されている。量的緩和(QE)の強化にどこまで踏み込めるかが焦点だが、昨年末の一手が期待外れだっただけに、この日のユーロ安は地味だった。ユーロ円は126.17円まで下げた後、円高後退で127円半ばへ戻している。


[powerd by ザイ!]

ブログ主の使っているトラリピEA

トレード実況に使っている、トレンドラインを引いてリピート取引を設定できるオリジナルのトラリピEAについては、以下の記事で無料配布と使い方の紹介をしていますので、是非ご覧ください!

Pocket

スポンサーリンク

レクタングル(大)(336×280)

レクタングル(大)(336×280)


    • Loading...
no image
10/09 14:11
登録, 第4版 登録販売者 合格教本
no image
10/09 12:11
個人情報流出, 企業・自治体のための個人情報流出事故対応マニュアル
no image
10/09 10:11
通話, STK スマートウォッチ Bluetooth smart w…
no image
10/09 08:11
吉本興業, よしもと血風録: 吉本興業社長・大﨑洋物語 (新潮文庫)
no image
10/09 06:11
Google+, Google play card 10.000円
no image
10/09 04:11
漫画村, 淫婚村~いけにえ嫁に堕とされて~ (ぶんか社コミックス 蜜恋…
no image
10/09 02:11
留学生, 妻の肉穴にホームステイするマッチョ留学生~母と娘、親子で3P…
no image
10/09 00:11
ノーベル経済学賞, Who Gets What (フー・ゲッツ・ホワット) ―マ…
no image
10/08 22:11
妄キャリ, 妄想キャリブレーション 1st PHOTO BOOK 『 妄…
no image
10/08 20:11
紗綾, 紗綾15-0 フィフティーン・ラブ 〜1Set〜 [DVD]
no image
10/08 18:11
黒木華, 重版出来! Blu-ray BOX
no image
10/08 16:11
城田優, ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」ハイライト・ライブ録音盤…
no image
10/08 14:11
長男, 長男(Transit Time/ライブ)
no image
10/08 12:11
いじめ, いじめ暴行女子校生 4時間 [DVD]
no image
10/08 04:11
竹内涼真, 第1話 ジャパン・ドリーム感動物語の誕生!!中小企業が大企業…
no image
10/08 02:11
K-POP, 女々しくて -K-POPバージョン-
no image
10/08 00:11
東出昌大, OVER DRIVE Blu-ray豪華版
no image
10/07 22:11
釧路, JIMOTOTE(ジモトート)|釧路 size大
no image
10/07 20:11
個人情報, 個人情報管理ハンドブック〔第4版〕
no image
10/07 18:11
日本進出, 海外進出企業のための外国公務員贈賄規制ハンドブック

→もっと見る

PAGE TOP ↑