XMでのトラリピEA運用(2015年5月7日)

公開日: : 今日のFX経済指標 , , ,

mt4-chart-image

ゴールデンウィークも終わって(まだ続いている人もいるとは思いますが)、今年は結局急激な円高は無く、今月もこの後の展開が例年と違う動きになるのか見ものです。といったところで今週も後半戦に突入していますが、金曜には米国雇用統計がありますので、注意していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

ブログ主の市場分析やトラリピEA稼働状況

昨日リリースしましたトラップ版のトラリピEAを使った設定を追加してみました。500円ですと少しリスクを取りすぎの設定な気もしますので、様子を見ながら調整していきたいと考えています。

通貨ペア 中期トレンド 短期トレンド トレード リピート回数
ユーロ円(EURJPY) レンジ レンジ トラリピ買い・売り(トラップ) 0
オージカナダ(AUDCAD) レンジ レンジ トラリピ買い・売り(トラップ) 0
ドル円(USDJPY) レンジ レンジ トラリピ売り 1
キウイドル(NZDUSD) レンジ レンジ トラリピ買い 0
キウイ円(NZDJPY) 上昇 レンジ トラリピ買い 1

ブログ主の使っているトラリピEA

トレード実況に使っている、トレンドラインを引いてリピート取引を設定できるオリジナルのトラリピEAについては、以下の記事で無料配布と使い方の紹介をしていますので、是非ご覧ください!

2015/4/8より、指定残高でトラリピ取引を停止する機能と、逆指値発注時のSTOPLEVELを自動判定する機能を付加した新バージョンをリリースいたします。各記事からダウンロードいただけますので、既に旧バージョンをご利用いただいている場合も、宜しければご確認ください。

また、ブログ主がトラリピ運用に使用しているXM(旧XeMarkets)の口座については、トレードするたびにキャッシュバックが得られるお得な口座開設方法もご紹介しています。

2015年5月7日の主な経済指標

  • 【5月7日10:30】雇用者数変化(4月)[前回値:4万8100人]
  • 【5月7日10:30】失業率(4月)[前回値:6.1%]
  • 【5月7日21:30】新規失業保険申請件数(5月2日の週)[前回値:26万2000件]
  • 【5月7日21:30】失業保険継続受給者数(4月25日の週)[前回値:225万3000人]


[powerd by M2J]

2015年5月7日の主要為替ニュース

  •  ユーロドルは1.1304ドル、ユーロ円は134.73円まで下げ幅を拡大。欧州序盤の買いが一巡すると、調整する独長期金利の動向にも沿う格好で反落基調を強めている。ユーロポンドでは先行したユーロ高・ポンド安がほぼ「いって来い」となった。0.7440ポンド割れまでポンド買い戻しが進行している。
  •  先ほど発表された米4月チャレンジャー人員削減予定数は前月よりも弱い内容だった。ただ、相対的に注目度が低めであることや、この後の米新規失業保険申請件数の発表を控えてドル円に目立った動きは見られていない。ドル円は119.10円付近で小動き。
  •  ユーロドルは1.1323ドルまで、欧州序盤の高値1.1392ドルから反落。昨年12月以来となる0.777%まで急上昇していた独長期金利は、0.655%近辺まで相応のスピードで調整した。米長期金利もマイナス圏へ失速しているが、縮小傾向だった米独の金利差も修正されている。
     先ほど発表された米4月チャレンジャー人員削減予定数は、前年比+52.8%と大きく上振れた。ドル円は119.06円を安値に戻りが鈍い。
  • 米・4月チャレンジャー人員削減数(前年比)
    前回:+6.4%予想:NA結果:+52.8%
  • ■東京午前=指標弱いが豪ドル下げ渋る、ドル円もじり高
     東京タイム午前、ドル円は昨日NYからの地合いや、連休明けの株価がギャップをつけ下落したことによる円買いを背景に、119.32円まで下押した。しかし円買いをリードしていたクロス円が下げ渋って反発。ドル円も119.61円まで小幅高となった。
     日経平均株価が軟調に推移するなか、クロス円にはリスク回避を意識した円買い先行。ユーロ円は一時135.19円まで水準を下げている。ユーロドルが1.1325ドルまで下押すなど昨日NYタイムのドル売りに対し、各通貨の調整が重なったこともクロス円の動きを重くした。
     ただ、同じく売りを先行させていたオセアニア通貨が反発し、他通貨も対ドル・クロス円で上昇。弱い豪雇用指標のヘッドラインを受け、豪ドル/ドルは一時0.7925ドル、豪ドル円は94.69円へ下振れた。しかし4月就業者数は-2900人と、市場予想の+4000人より悪化したものの、前月分が+3万7700人から+4万8100人に上方修正されたことを差し引けば、おおむね予想の線。発表前から弱さを織り込んでいたこともあり豪ドルは反発に転じ、対ドルで0.7995ドル、豪ドル円は95.57円まで上昇した。豪10年債利回りが昨年12月以来の3%回復を果たしたことも支援。NZドル/ドルも下押し後に0.7518ドル、NZドル円は89.88円まで小幅高となった。ユーロドルも1.13ドル前半で下げ渋り、ユーロ円は135.59円までじり高。ポンドドルは1.52ドル前半、ポンド円は182円付近の底堅さを維持した。

    ■東京午後=値動き限定 海外で重要イベント控える
     午後の各通貨の値動きは限定的。連休中の海外市場の動向に連れた、関連市場の株安や債券安(利回り上昇)の流れにもほとんど影響を受けていない。英国ではこの後から、英総選挙の投票が開始される。明日には米国で4月雇用統計が予定されているほか、週明け11日にはユーロ圏財務相会合が開催。ギリシャ支援協議の行方が注視されるなど、週明けにかけて海外で重要イベントが多数控えており、積極的な売買は控えざるをえない状況でもあった。
     ドル円は119円半ばで小幅な振幅。日経平均株価は、1カ月ぶりの安値圏となる19200円台で下値模索が続いた。ユーロドルは1.1366ドル、ユーロ円は昨日高値を超える135.83円までじり高で推移。上げ幅自体は小幅ながら、下押し局面での押し目買い意欲の強さが確認できる展開だった。ポンドドルは1.52ドル半ば、ポンド円は182円前半で底堅い。時間外の米長期金利の低下も影響してか、全体的にドルがやや弱含みで推移した。
     資源国通貨にも買い戻しが継続。豪雇用指標後の下押しをこなした豪ドル/ドルは0.8005ドル、豪ドル円は95.65円まで日通しの高値を更新。NZドル/ドルは0.7528ドル、NZドル円は89.96円まで連れ高となった。

[powerd by ザイ!FX]

Pocket

スポンサーリンク

レクタングル(大)(336×280)

レクタングル(大)(336×280)


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    • Loading...
no image
10/09 14:11
登録, 第4版 登録販売者 合格教本
no image
10/09 12:11
個人情報流出, 企業・自治体のための個人情報流出事故対応マニュアル
no image
10/09 10:11
通話, STK スマートウォッチ Bluetooth smart w…
no image
10/09 08:11
吉本興業, よしもと血風録: 吉本興業社長・大﨑洋物語 (新潮文庫)
no image
10/09 06:11
Google+, Google play card 10.000円
no image
10/09 04:11
漫画村, 淫婚村~いけにえ嫁に堕とされて~ (ぶんか社コミックス 蜜恋…
no image
10/09 02:11
留学生, 妻の肉穴にホームステイするマッチョ留学生~母と娘、親子で3P…
no image
10/09 00:11
ノーベル経済学賞, Who Gets What (フー・ゲッツ・ホワット) ―マ…
no image
10/08 22:11
妄キャリ, 妄想キャリブレーション 1st PHOTO BOOK 『 妄…
no image
10/08 20:11
紗綾, 紗綾15-0 フィフティーン・ラブ 〜1Set〜 [DVD]
no image
10/08 18:11
黒木華, 重版出来! Blu-ray BOX
no image
10/08 16:11
城田優, ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」ハイライト・ライブ録音盤…
no image
10/08 14:11
長男, 長男(Transit Time/ライブ)
no image
10/08 12:11
いじめ, いじめ暴行女子校生 4時間 [DVD]
no image
10/08 04:11
竹内涼真, 第1話 ジャパン・ドリーム感動物語の誕生!!中小企業が大企業…
no image
10/08 02:11
K-POP, 女々しくて -K-POPバージョン-
no image
10/08 00:11
東出昌大, OVER DRIVE Blu-ray豪華版
no image
10/07 22:11
釧路, JIMOTOTE(ジモトート)|釧路 size大
no image
10/07 20:11
個人情報, 個人情報管理ハンドブック〔第4版〕
no image
10/07 18:11
日本進出, 海外進出企業のための外国公務員贈賄規制ハンドブック

→もっと見る

PAGE TOP ↑